あい介護老人保健施設

あい介護老人保健施設について

楽しみながらできるリハビリテーションで
在宅での豊かな毎日を応援します

 あい介護老人保健施設は、リハビリテーションを中心とした医療サービスを提供する在宅復帰支援施設です。
「歳を重ねても、病気になっても、住み慣れた地域で暮らしたい」
そんなみなさまの在宅療養をより支援するために、「病院」と「自宅」の中間機能として位置し、「入所」「ショートステイ」「デイケア」の 3 つのサービスを介護保険でご利用いただけます。施設内では、医師、看護師をはじめリハビリテーションの専門職である理学療法士や作業療法士、また介護職や支援相談員、管理栄養士がチームとなり、利用者様ひとりひとりの個性に合わせたサービスを提供しています。
 そして、同じ地区には「あいセーフティネット」グループの「新天本病院 」「あいクリニック中沢 」「あいグループホーム天の川」「あい小規模多機能施設ほたる」が隣接しています。 医療・看護・介護・リハビリテーションの複数のサービスが同じ理念のもと連携し、地域密着でみなさまの生活全般をサポートしています。

お問合せ

入所相談、見学希望など各種サービスのご利用については、下記までお気軽にご相談ください。支援相談員が対応いたします。尚、面談によるご相談は予約制となっております。お電話にてご予約ください。

受付時間 8 時 30 分 〜 17 時 00 分(土・日・年末年始を除く)
お問い合せ TEL : 042-374-7111 FAX : 042-374-7115
メール : ai-rouken.soudan@ten-ou-kai.or.jp

ごあいさつ

「あい介護老人保健施設(あい老健)」は、天翁会「あいセーフティネット」を形成する施設の一つです。多摩丘陵の緑豊かな地域にあり、桜で有名な「からきだの道」に隣接しています。「あいセーフティネット」は、急速に高齢化が進む多摩ニュータウンの方々に、保健・医療・福祉を提供し「生活の安全網」になろうとしています。

「あい老健」では、生活支援・生活介護としての「ケア」と機能回復・健康増進のための「リハビリテーション」に加えて「レクリエーション」を重視しています。「あい老健」では、「ケア」と「リハ」と「レク」を3本の柱ととらえ、「リハ・レク・ケア」という一つのプログラムとして統合したサービスを提供し、利用者様一人一人の個性に合わせた生活の形としてサービスを提供しようと努めています。

「あい老健」には、150名の入所者と50名の通所者がおられます。約150名の職員が、創意工夫をこらしながら、人生の大先輩であられる利用者の皆様と前向きに活動しています。入所以外にも、デイケアでの外出支援や料理などの様々なリハビリテーションプログラム、ショートステイ中の集中リハビリテーションなど多様な在宅支援サービスを提供しています。近隣の医療機関とも連携して、「あいセーフティネット」の理念であります「信頼と安心の創造」に向かって努力していく所存であります。

施設長顔写真

あい介護老人保健施設
施設長 佐藤清貴
(さとう きよたか)

昭和 59 年 北里大学医学部卒業
平成 2 年 北里大学大学院修了
平成 2 年 米国国立衛生研究所(NIH)修了
医学博士
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本医師会認定産業医
人間ドック専門医
人間ドック健診情報管理指導士

あい介護老人保健施設

幸あれ老健の日常